新しい電気製品のアイディアを実現させよう!

とても便利で重要なもの!

自宅にはきっとたくさんの電気製品があるはずです。パソコン、プリンター、ゲーム機、エアコン、ファンヒーター、こたつなどキリがないほどの電気製品に囲まれていると言えます。オフィスで仕事をする上でも、コピー機やファックスは必要な電気製品です。仕事においても暮らしにおいても電気製品というものは、とても便利で重要なものだからこそ、絶対に必要になっているんですね。そんな電気製品を自分で作れる人もいます。実はそれほど難しいことはなく、意外にも簡単に作れる電気製品もあるんですよ。

手軽で使いやすい電気製品を目指そう!

電気製品のアイディアは尽きることがありません。携帯のクリーナーであったり、ミニ扇風機であったり、新しい発想はどんどん広げることができます。欲しい電気製品を作ってみようという意思は、大きな夢に繋がるでしょうね。いきなり大型の電気製品を作るのは、さすがに技術を要しますから、初心者なら小さな電気製品から目指すといいですよ。電動歯ブラシなんかはとても便利な電気製品ですが、仕組みはとっても単純です。単純明快なものこそ、手軽で使いやすい電気製品になり得るんです。

基本的な仕組みはどれも同じ!?

コピー機にしたって家庭用のプリンターしたってモーターがなければ作ることができません。洗濯機も冷蔵庫も掃除機もドライヤーもほとんど全てのものに使われている部品と言えばモーターです。プラモデルの動力にも使われていますから、男性にとってはお馴染みの部品ではないでしょうか。ほとんどの電気製品はモーターを回転させることで、動かしたり吸い込んだりする仕組みが設計されています。ギア比なども使うと新しい電気製品のアイディアを実現させることができますよ。一定の時間動かしたり、回転数によって止まったり、自作の電気背品を作る上では、モーターの使用がおすすめです。

プリント基板設計をする際は、ノイズの影響を受けやすく鳴る90度の直角配線は避けることが賢明です。最大でも45%までとすることでノイズの影響を最小限に留められます。