コストカットが大切!起業のときに考えるべきこと

起業にかかる初期コスト

起業するときには初期コストがかさむことは念頭に置いておく必要があります。店舗を借りて設計したり、販売する商品そのものや材料などを調達したり、従業員を雇ったりしていると大きなコストがかかるため、十分な予算がないと起業するのは困難です。そこで借り入れを大きくしてしまうと返済が大変になってしまうでしょう。そのため、起業するときには少しでも初期コストを抑えられるようにするのが重要です。二つのアプローチを理解しておきましょう。

店舗経営なら居抜き物件

店舗経営が必要な事業を想定しているのなら、店舗設計に関わる費用が莫大になりがちだという事実を知っておきましょう。賃貸料に加えて設備投資や什器の購入費用などを考えると事業内容によっては一千万円を超えるような初期子ストアがかかります。このコストを抑えるのに役立つのが居抜き物件であり、前のテナントから格安で設備などを引き継いでしまえばコストが削減できるでしょう。同業種の居抜き物件を探すのは賢明な方法です。

ネット経営を考慮してコスト削減

店舗経営が必須ではない場合には店舗を持たないのも賢い起業の方法です。ネット経営をすれば店舗を構えずとも商品もサービスも販売できます。扱う商品やサービスの種類によってネット販売が適しているかどうかを判断する必要はあります。もし簡単に運送業者を使って配送ができる商品を販売したり、ネット上で扱える商品やサービスを提供したりするのであれば、積極的にネット販売の可能性を模索しましょう。大幅に初期コストを削減できます。

フランチャイズチェーンに加盟することで、ビジネスの素人であっても高い確率で成功を勝ち取れます。何故なら本部が持つブランドイメージやノウハウをそのまま活用出来るからです。