業績アップに大きく寄与します!営業代行の概要と種類及び長所の解説

営業代行の概要を知ろう

営業代行とは、営業に関する一部分(テレアポや、外回りなど)もしくは全般をアウトソーシングすることを指します。優れたアイデアや製品を持っているのに、営業能力が無いばかりにそれらを効率的に利益に結びつけられない新興企業や、競合が激しい業界で生き残りを図りたい会社などに適したサービスです。営業代行会社は、依頼企業の実状に応じてプランを策定し、優秀な営業要員を派遣してくれることでしょう。ただしミスマッチは禁物。たとえばテレアポに強い代行業者に、外回りの営業活動をアウトソーシングしても意味はありません。

営業代行の種類を把握しておきましょう

一口に営業代行といっても、具体的なアウトソーシング内容は会社によって異なります。営業代行のなかでも特に多いのが営業支援タイプ。たとえばテレアポ代行がこれに該当します。見込み顧客に接触するところまでを代行し、あとは依頼主にお任せするという仕組みです。成果報酬タイプとは、文字通り契約ゲットなどの成果に応じて報酬を受け取るサービスのことです。成果が出たときだけ報酬を支払えばいいため依頼主にとって都合が良いアウトソーシングとなりますが、売って欲しいサービスや製品に魅力が無いと断られてしまうでしょう。営業マンそのものを一定期間貸し出す営業代行サービスもありますが、派遣会社に近い性質をもつのでアウトソーシングと呼ぶには不適切かも知れません。

営業代行サービスならではの長所とは

人手不足や営業部門縮小の影響などを受け近年話題のアウトソーシングサービスである営業代行最大の長所は、ズバリ色々なコストを節約出来ることです。営業代行を利用することで、たとえば求人雑誌や新聞折り込みチラシなどで人を募るコストや面接コストなどを綺麗にカットできるんですよ。営業マンを一人前にするには多額の教育費用が必要となりますが、そのコストも削れます。忙しい時期だけ使えることも、営業代行ならではの長所。繁忙期と閑散期の差が激しい業界の企業にとっては、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

業者のスタッフが1回電話を掛けるごとに費用が発生する営業代行をコール課金タイプと呼びます。成果報酬タイプに比べると割安ですが、相手が不在時でも課金されるので要注意です。